消費者金融centricoで健全に資金繰りを行いたい » 未分類 » 消費者金融の借入は5年間未払いが続くと時効になる

消費者金融の借入は5年間未払いが続くと時効になる

日常生活の中でお金の不足に困った時、消費者金融の借り入れローンは大きな利便性をもたらしてくれます。一枚のカードを使ってATMから融資金を取り出すことができるカードローンや銀行の預金口座に希望額を振り込んでもらえるキャッシングなど、手続きも簡単で融資スピードも速く、とても便利です。

しかしながらこれら消費者金融から借金をしても、何らかの事情で返済が追いつかず、未払い状態が続いてしまうケースもあります。こういった時にはすぐに消費者金融側に連絡して返済が遅れることを伝えるのが筋ですが、もしも今後も未払いの状態が続く場合は返済義務にも5年間という時効があることを知っておくとよいでしょう。最後に返済を行ったときから5年間が経過すると時効となり、返済義務が消滅するのです。

一方、消費者金融側もみすみすと時効まで何もしないで見過ごすということはありません。返済を求める電話をかけてきたり、あるいは法的手続きを行う場合もあります。ただし、例外もあります。利息制限法が制定される前の高い利息が適応されていた時期に返済を行っていたことがある場合、過払金が生じているケースもあるからです。こうした事例に引っかかる場合、消費者金融側も警戒してあえて時効までそのままに放置しておくパターンもあるのです。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

アーカイブ
最近の投稿
カテゴリー